EF28-300Lの故障と修理

2013年の夏に中古で購入したEF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
一本で28-300mmをカバーできるのでサーキット撮影で
余程の広角のイメージがない限りは、EF400/2.8Lとこのレンズの2本で撮ってきた。
その他にも運動会やディズニーなどレンズ交換なしで10倍のズーム比を持つ
このレンズは手放せないレンズとなってしまった。

ところが先日スーパーGT最終戦のもてぎで使おうとすると…
「ん?AFオンのIS駆動でファインダーが酔ったみたいにフラフラする???」
と明らかに挙動がおかしくシャッターを切ると「Err01 通信不良」の表示が…
この日のGT撮影はEF28-300での撮影は諦めてEF400mmの1本で撮影。
帰宅しても症状は変わらず、さらには絞り羽根も絞ったまま戻らなくなってしまった。

161204-1

そんな状態で、もう修理に出すしかなく。11/21日に新宿のSCで修理に出す。
受付の人と状況を確認し
(1).絞り羽根が開閉しない
(2).ISが作動しない
(3).ズームが50mm付近で引っかかる

の3点で修理をお願いしました。(1)はキヤノンの人も確認
(2)(3)はその場では確認できず修理センターで見るとのこと
でも、そこでも明らかにISは動いて無かったけどね(^_^;)
修理の概算で技術料が7500円、絞りが3郡レンズユニットに含まれるので12000円
ISユニットが13000円、とおおよその見積もり。
あとUSMもダメだった場合も13000円だったかな。
なので5万円以内なら修理続行でお願いしてきました。
修理完了の予定は約10日後の12/2。SCに取りに行くのは時間が掛かるので
自宅への宅配にしました。(900円)

ところがなんと修理が完了したのが預けた3日後の11/24。
ヤマトの着払いで翌11/25には手元に帰ってきました。
修理から帰ってきたレンズは、同じレンズのハズなのになんか違うレンズみたいな感じw
修理明細を見ると(1)(2)の修理。それと三脚座の内側の起毛みたいのが摩耗してたって事で
交換されてました。

161204-2

161204-3

 

今回修理するのにあたりSCの受付の人にキヤノンフォトサークルへの入会を薦められました。
入会金5400円で断る気満々だったのですが、修理料金が20%引きになると言うことで
見積もりで絞りとISで3万は超えそうなので元はとれるかなと。
それと、あんしんメンテプレミアムも割引対象になるということです。
結果、約28500円だったので逆算すると約35600円でサークルへの入会料金の元は取れました。

1D4、7DとAFアジャストメントで調整していたので再調整をしましたが
やはり数値がだいぶ変わりました。
バッチリ直ったEF28-300Lで来年もガシガシ撮りたいです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です