悪夢の瞬間

スーパーGT 第2戦を撮影していてレースもおおよそ2/3を終わろうとした頃
自分はアドバンコーナーのスタンドの下の方で100Rから立ち上がってくるマシンを撮影していた。
ほぼほぼ撮影を終えて、そろそろ次の撮影場所に移動するタイミングを考えてた頃
突如、RAYBRIG NSX CONCEPT-GTのリア付近がバースト、ファインダーでその様子を
見ながらシャッターを切った。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です